ゼフィランサス カリナタ  東京・恵比寿の自宅にて  2008.6.27 幸せの生き方    
 
自然
 
 
人体
 
 
幸せ
 
 
知識
 
緑が眩しい 丹波 妙法寺 中庭の三本杉  兵庫県丹波市 2007.7.31  竹内康正 Yasumasa Takeuchi

竹内康正  ご挨拶  2007年~2008年
自分を大切にする
Cherish my own
       
   



2007年
遙かな灯台を置く  好きな道選べばよい。将来生きることをやる
自分を大切にする  女の子は、いい男見つけて結婚するほうが上
この一代は大丈夫!?  住む場所を追われ。次はヒトが逃げ惑う

2008年
地球を守る
みんな生きてる奴は表情がある  必要とされる人材。女性次第



 
 
 
 

2007.1.1

 

 

 





 
       

 

 Fix your far-off lighthouse 

遙かな灯台を置く

 

 

 2007年、初春の寿ぎを申し上げます。

  昨年は皆さま、新しい会員さまに出会えて、本当に「瑞祥」の一年でした。人の世に幸あるは皆さまありてこそ。2007年春季は、引き続き【結婚&御縁】シリーズを特集、夏季以降は皆さまからのリクエストにそって筆を進めて参りたいと存じます。

 

 遙かな灯台って、好きな道選べばよい。将来生きることをやる。危険だな思ったらやらん。今年はやりましょうね。3つ4つ年、ん、若返るくらい。よくまあこれだけ成果があがったなあ言えるくらい。

 

 

平成19年1月1日

ゼフィランサス  竹内 康正

  

 
 
 

 
東京ミッドタウン・タワー  東京都港区赤坂 2007.6.16  竹内康正 Yasumasa Takeuchi

 
 
 
 

vol.126  2007.8.12

 

 

自分を大切にする
 Cherish my own 

 

大手町野村ビル 2002.10.11 竹内 康正 Yasumasa Takeuchi

  皆様、お元気でご活躍でいらっしゃいますか? 残暑お見舞い申し上げます。

  東京・恵比寿は連日の猛暑! 毎日の自転車も、もっぱら並木道コース。ビル群や車の熱気を避け、緑の木陰に新鮮な涼風を求める日々です♪

 「幸せのプロフェッショナル」【結婚&御縁】シリーズ、お楽しみ頂けましたでしょうか。
VOL.125をもちまして特集を終了し、今後は随時、皆さまからの質疑を受け付けたいと存じます。本文はすべて、僕が昭和58年~平成9年に筆録した八島ノートから、結婚&御縁関連の言葉を抜粋&編集したもので、当時、僕の友人や知人約530名の独身女性(男性)の質問やお手紙に答えて八島先生がお話しされた語録集となっております。ご覧になって、どのような印象を持たれましたでしょうか? 皆さまの率直なご感想を是非お聞かせ下さい! ご感想&リクエストはこちらからどうぞ♪

 

 以前、東京・大手町のフィナンシャルセンターで、勤めていた情報通信系企業の新入社員研修を担当した際、世界のIT企業のM&A戦略、日本政府のIT国家戦略など、具体事例を挙げ解説したことがあります。企業の買収や合併は、至って個人的なお買い物に過ぎず、トップとトップの話で決まる。その際、必要なのは、社会や経営に対する見識とその人のもつ人間的魅力、個人的な裁量や感覚で、これらの資質が大きくものを言う。君達も将来、経営者として会社を率いていく時に一番必要なのは、そういった個人的な人間的魅力でetc.・・・・と。

 話し始めて5分も経たないうちに、ある新人の手が挙がり、「今の話、面白いんですけど。続けて頂けませんか?」。他の皆の目も頷くので、「あ、うん、じゃあ今日のお題は『放送と通信の融合』なので、このレジュメを10分ほどでサクッと解説して、あとは質疑応答としようか」と。前年に東証一部上場、BusinessWeek誌の Info Tech 100 世界一を達成しただけあって、世界中から集まったMBA保持者、エンジニアetc.最優秀な若者たちを前に、彼らの輝く目が繰り出す素直な質問に次々と的確に答えるのは楽しいもので、大幅に時間延長、人材開発部の担当者が「新人研修でアンコールが出たのは竹内さんが初めてだ」、と驚いていました。

 

 その中で、ある新人女性から、情報収集の仕方についての質問がありました。今日のテーマはどうやって調べられたのかと。それに答え、本来、この研修の担当は僕の上司で、「竹内おまえ、やれ」と言われたのが五日前。ただでさえ朝8時から夜12時まで、フル回転で仕事にぶち込んでいるのに、さらに研修講師役が追加されたこと。日々の日常業務で、朝一、僕が全世界の情報通信関連企業の最新動向を収集&分析、レジュメにし、社長以下全役員、管理職にニュースレターを配信しており、日頃の蓄積があったこと。

 その日に所属するメディア事業部の概略&戦略をレジュメに落とし、翌日、過去のニュースレターから新人向け情報を抜粋&編集、ネットで最新動向を検索、パワーポイントに落とし込み、国会図書館で参考図書読破。3日目、他のIT企業etc.人脈を駆使し最新情報収集、総務省担当部局を訪問し、政府の最新国家戦略&工程を取材。4日目、大書店で新刊書の読破、レジュメ完成へ ・・・etc.と。

 

 若い活力に溢れた勢いのある会社で、完全に実力主義。社内は見事に活性化された組織体で、社員は皆、力の及ぶ限り夜を徹して仕事に打ち込み、能力をフルに発揮する状態。急な新規の仕事が入り、負荷が積み重なるのは当たり前で、派遣社員からクルー(アルバイト)まで、周りの誰もが意欲的に新しい業務に挑戦、仕事を創り、仕事をこなし、効率を高め、自己の能力の限界を拡げてゆくんだ。

 例えば、エクセルでもマクロを使えば時間が劇的に短縮される。時間は貴重だ!僕が入社した時、クルーだった10代の子が、3ヶ月したら僕の同僚となり、半年したら、僕より上になってた。 僕、今34歳だけど、僕の上司の事業部長が25歳、その上の取締役が29歳、笑うだろ!♪ それでもね、この会社、楽しくって面白くってしょうがない♪ 腹の底から喜びが込み上げて来る! 何故だか分かる? 上にいくほど有能で仕事が出来るからだよ。尊敬もするし、見習わなくっちゃと思う。

 

 社長がフォーブスやフィナンシャルタイムズetc.で特集され、世界に鳴り響いている♪
ヤフーやマイクロソフト、アップル、インテルetc.をおさえ、世界一になった時は鳥肌が立ったよ! 涙が出てきた! 皆と一緒に僕もその一員として、命懸けで仕事にぶち込んでたからね♪ 社内見渡して、ああ、今、俺、世界一の会社にいるんだな! と男の幸せを実感した。

 世界一になるには成るだけの、それだけの条件があるんだよ。今年が12期だろ、10年ちょっと前には無かった会社だ。ゼロから立ち上げて、それが時価総額7兆4445億円、日本で上から数えて7番目だよ。一国の国家予算に匹敵する。大手の優良企業ほとんどゴボウ抜き♪ 何が違う? やってることが違う。何がこうさした? 何処に条件がある? 君、分かる? 一人の男のやる気!! それだけだよ。社長の給料、月2億円。年収じゃないよ、月給だよ。35歳で世界第5位の富豪にまでなった。君らも10年経ったらどんなことになってるか分からない。命掛けて仕事に打ち込むべきだろうね、ガンバレ!♪・・・etc.と。

 

 一通り話し終え、納得した笑顔を見せた彼女に、僕が最後に言い放ったひと言、
 「でもね、女の子はビジネスに打ち込むより、いい男見つけて結婚するほうが上だよ」。

 一瞬、場がシーンと・・・・。前席のほうにいた男子が一人、ニタッと笑った。あ、しまった、聞かれもしないこと、求められないことを言うのはいらぬこと。と即座に頭に巡ったけれど、彼女、きょとんとした表情で・・・・。

 

 女性の幸せについて、今回特集した【結婚&御縁】のひととおりの知恵を既に持ち合わせていたので、ふっとした瞬間につい本音が出てしまう訳です。最近は以前より人間も練れて、その人を見た瞬間に腹の中で思うことがあっても、表に出さない、聞かれないと答えない訓練がだいぶ出来てきたけれど・・・・。

 先日、横浜アリーナで東京ガールズ・コレクションのステージを観てきました。もえちゃんとか蛯ちゃんとかアンナetc.キャットウォークの彼女たち、お洒落に着飾って、綺麗にメイクして、極上の笑顔でしなをつくって、ほんと可愛かった! 幕間のライブで、男性アーティストが、「女の子っ!女の子でいてくれて有り難う!♪ 男の子っ!女の子を守っていこうな!♪」、と絶叫していました。やっぱりね、男心というものは可愛い女性にはコロリと弱い。手をつないで表参道とか歩きたい! この子を守りたい! という意欲が湧く♪

 

 以前、僕のもとに勉強に来たOLで、出会ったその日に泣き出した子がいます。単刀直入に核心を突いたものだから。それでも彼女、根性があった。26歳、独身。その日から毎週末、僕の元に通い、素晴らしい結婚の条件etc.ひととおり、身につけていかれた。家の中がいかに大切か云々・・・・。ある時、「どうしたらいいですか」 と聞かれたので、「会社やめたらいい」、と答えたら、本当に次の週、勤めていた大手企業を辞めて来た。僕は感心した! この子、自分を大切にするということが分かってるな、と。お父さまがご立派な方で、勤める必要性が彼女にはなかった。

 時間は貴重です。その日から家事手伝いのお嬢さま

 「朝、出勤されるお父様に、いってらっしゃい!と跳び付いてキスしてご覧♪」。最初、彼女、「ええ~っ、出来な~い!」って。「出来ない出来ないじゃない。良いと知ったことは、やるんだよ。自分の殻を破り、事態を変えてゆく。お父さまが大喜びされるのは分かりきってるんだから!」。「やる、やらない、どっちがプラス?」。数週間後、とうとう彼女、実行に移した♪ お父さま、喜んじゃって!! 最近はお父さまのほうから催促されるとか♪ その後、彼女のお父さま、大臣にまで出世された。

 

 人間、誰しもが幸せを求めて生きている。今まで先人達の説いたものには幸せになるための具体論がない。こうして、八島先生の言葉を整理、眺めてみると、総てが、現実に即した、地に足つけた、彼女たちにその時々でベストの方向をアドバイスされていたのが分かります。時代が変わり、内容を変更すべき箇所も幾つか散見するけれども、やはり、彼は「幸せのプロ」であったな、と改めて思い返しています。

 僕が顧客の皆さまに、コーチング&コンサルティング・サービスを行う際、八島先生の名を出すことはありませんが、その内容のほとんどは先生から教えて頂いたことあの楽しかった日々、皆で学んだこと、その後、僕なりに検証&消化したものが基礎となっています。
 当時、VOL.10でご紹介した億万長者氏など、政財界、医科学者、博士etc.の大物たちから小中学生や赤ちゃん、主婦から女子大生、OLまで、毎日、200人~21,000人が彼のもとに集っていました。その哲学&理論を聴講し、実行し、その正しさを知って満足し、現実に成果を上げていった彼&彼女たちは、皆僕の同窓生にあたります。理想の教育がそこにあった。

 

 今年からまぐまぐ!さまにもお世話になっております。的確で優れたサービス、有難うございます! 新しくご登録頂きました52名の皆さま、いかがでしたでしょうか、お役に立っておりますでしょうか? 当メルマガは双方向メルマガですので、どしどし、ご質問&ご希望etc.をお寄せ下さいませ。

 次回は、皆さまからのリクエストが最も多かった、【愛情&家族】シリーズを特集予定ですが、ノートからのピックアップ作業&編集が半ばですので、用意出来るまで、僕の宝物で知恵の源泉八島ノートを日付順で公開、お届けしたいと思います。

 

 

平成19年8月12日

ゼフィランサス  竹内 康正

  

 
 
 
 
 
     

 

 
 
 
 

vol.146  2007.12.30

 

 

この一代は大丈夫!?
 This one generation is OK ! ? 

 

 

  441名の皆さま、こんにちは。いかがお過ごしでいらっしゃいましょうや?
今年も最後ですね。いつもご愛読有り難うございます!♪
新しくご登録くださった皆さま、こんにちは♪

 今年の夏は酷かったですね。連日の酷暑、東京では最高気温が37.5℃、最低気温が29.4℃の日もあり、真夜中までの猛暑には本当に参りました。今までとは違う、なにか地球の箍が外れたような、もう元に戻れない、これからどんどん熱帯化していくような、そんな危機感を覚えました。自然に植生を任せている白金台の自然教育園では、亜熱帯性のシュロが1965年に2本だったのが今年は1800本にまで増殖、恵比寿では毎年11月半ばには姿を消す蚊が、今年はまだ耳障りな音を立てています。

 

  自然が本当に壊れて来ましたね。古代日本が今も息づく伊勢神宮の次回の式年遷宮には、オオワシの尾羽が手に入らず、神宝の矢羽根が制作困難、御料を変えないといけない事態だとか。直刀の柄に飾るトキの尾羽は、前回、既に自然からは入手出来なかった琥珀や瑪瑙、水晶などの五色玉装飾、古建築etc. 戦国時代に120年間中断したほかは7世紀末、藤原宮の昔から1300年にわたり、20年毎に連綿と太古の技術集団&知恵&心を伝承して来た、世界に類のない日本人の文化の源流が我々の代で次世代に伝承出来ない事態。琵琶湖も自然の浄化力が落ちてきた。最近は丹波の山奥でも以前のような雪は降りません

 全国蝶会議八島義郎作・演出、児童劇、「失われていく世界」)から今年で22年、生物多様性の喪失、温暖化の脅威、環境破壊は悪化の一途を辿るばかりですね。アゲハやモンキ、モンシロさん達、みんな元気にしてるかな? 夥しい数の微生物、植物、昆虫、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類etc.が住む場所を追われてゆく。何も困ってるのは北極のナヌーだけじゃない、日本のプーさん達も生きるために仕方なく里山に下りて来る。昨年だけでツキノワグマが4,300頭も捕殺された。次はヒトが逃げ惑う番

 

 以下は、僕が17歳、高校で生徒会長をしていた時、校内新聞に寄せた言葉です。

 「今、目を自然に向けると、大量生産・大量消費によって資源としての自然は破壊され、都市化や大量輸送のための道路敷設によって、動、植物の生育できる環境は、狭められてきました。より豊かに、より快適に、より便利にという人間ひとりの目的のために、自然を消費し、動、植物の世界は息も絶えだえです。

 人間が自然界の一自然物である以上、自然が滅びる時には、人間も姿を消しているはずです。朱鷺のように絶滅に瀕しているものもいます。これが自然の理であればいたし方ありませんが、人間が招いた結果とすれば、今、急いで考えなければなりません。地球上の植物は、20年前を100とすれば、今や75と、4分の3になってしまっています。自然破壊は加速度を増して進んでいるのです。地球上の二酸化炭素の増加による温暖化、現代人による歯止めのきかぬ破滅への急降下を考える時、・・・・・」

 24年前(昭和58年)の文章ですが、実はこれも八島先生の歌唱劇のパンフレット「民話のこころ」から抜粋したものです。中高一貫校で生徒&教職員あわせて918名、当時、どれだけの人のこころに響いたかは分かりませんが、児童劇、「失われていく世界」の台本などは全国の小中学校や幼稚園・保育園に無償でお配りしたら良いのになあと思える、環境教育にうってつけの名作です。全国どこの学校&大学&図書館でもシェイクスピア全集ぐらいは揃えてあります。僕に言わせれば、八島義郎のほうがシェイクスピアより上なのに。

 

 以前、ある方に元赤坂の迎賓館を案内して戴いたことがあります。日本にこんな空間があるのか、その気品、各部屋の狂いの無い統一感、彩鸞の間羽衣の間シャンデリア七宝、家具&調度品etc. 鎧兜がモチーフになっているのには笑ったけれど。これがあのルイ・サンタマリアか、この部屋、僕の部屋だったらいいのになあ、なんて拝見しながら、流石、国賓を迎える日本のゲストハウスは違うなあ、と感心しきり。一流作品&仕事、Good job!♪に出会った時の、あの清々しい何とも言えない爽快な気分になりました!

 その迎賓館の正面玄関から中央階段を上ると、2階大ホール正面に左右2枚の絵が飾られています。「絵画」と「音楽」と題する200号の油絵、作者は小磯良平。彼が戦前、地元の兵庫県新美術連盟で洋画部門の審査主任をしていた当時、同僚で、彫刻部門の審査主任をしていたのが、芸術家・八島義郎(遙雲)です。当時、弱冠27歳。彼の木彫作品、「ポータラカ山のアーリア」(25歳、毎日新聞銀賞)や「唐美人」(26歳、毎日新聞金賞)、最近の絵画作品、「日本の娘」、「憩いのひとゝき」、「白蓮の精」などの代表作は迎賓館の空間に配してもなんの遜色もない。西洋美術史の第一人者、若桑みどり千葉大学名誉教授が彼の作品を見て、ダ・ヴィンチやミケランジェロを凌駕した、と評されたというのは本当です。精神性が西洋を上回っている

 

 今年1月23日の日本経済新聞【文化】面、「おんなと生きもの十選」の連載で、我が家の「仏涅槃図・命尊筆」が紹介されました。シャガールやクリムト、ブールデルetc.の絵を差し置いて、“私の想う動物画の究極はこれである”として村田喜代子教授(黒澤明監督、リチャード・ギア出演の映画 『八月の狂詩曲』の原作者、芥川賞作家)から評された鎌倉時代後期の作品です。

 写真では表現し切れていませんが、実物は極めて精緻な細密画、一匹一匹の動物や人物の表情、衣装の紋様まで、あの時代にどうやって描いたのかと思わせるほど繊細で、微に入り細を穿ち、作者の命尊は絵所大仏師法眼、14世紀の南都絵仏師集団の棟梁で、今で云う人間国宝です。よく見て下さい、生物多様性の宝庫です。西洋の絵画とはそもそもが精神が違う。そういう長い日本芸術の歴史を徹底的に研究した上で、八島の作品は進化している。

 

 先年、伊勢神宮内宮から出土した鎌倉時代の太刀が、現在の太刀と寸法などが正確に一致、古い神宝が出土した事実より、全く同じものが現代もなお奉献されている事実に人々は驚いたとのことです。その制作図面は毛(3/100ミリ)の単位まで指定されており、このこと自体驚嘆に値しますが、図面もあり、財力もあり、乱世でもないのに、自然の材料が集まらず、伝承すべき技術者の質も落ちてきた、それでは困ります。

 我々の先祖が子孫のために生きる術を失わないよう、カナリアを用意していたとも言えます。人類存亡の危機ですよ、本当に日本はこれを全世界の国々に先駆けて知りうる立場にある、それだけのものを先祖が用意しておいてくれたということです。感謝しないといけない、と同時に率先してこの地球を守らないといけない

 

 以前、八島先生が、将来の人類がパソコンやTVを発掘して、これらが一体何なのか、どうやって作ったのか分からない、そういう時代が来る、と仰っていました。技術者や伝承すべき者がいなくなったら、現代でも我々一般人は半導体ひとつ、新幹線ひとつ製作できませんから、やはり各分野各分野で先人の叡智を正確に、毛の単位レベル以上に緻密&精密に訓練&伝承する、出来ることなら凌駕する必要がありましょうね。

 環境問題についても、先生は、地球は一個の生物、峠を越えた。文明、都市をつくる、きまりをつくる。そのお陰で滅亡するところまで来ている、この一代は大丈夫。これからの世、良くなる条件は地球上にない。民族の大移動、争い、今までの歴史、地殻の変動、来る時なって分かる。そういう目に遭わないための条件、ここで平素お話申し上げている。みんなで幸せの道。・・・・と1985年に仰っていました。

 

 “この一代”がもう終わったのか、もうすぐ終わるのかは存じませんが、ゴアみたいな光熱費を全人類が使ったら、たちどころにアウトでしょうね。自分が環境破壊する側にいて、あの言葉はないですよ。参議院にしても自ら率先して貴重な緑を破壊してどうします、指導者が先ず真っ先に率先してお手本を示すべきです。

 東京の星空を見て、これが夜空だと思うのが間違いであるように、八島についても本当の八島義郎の姿を知る人は少ない。僕ら小学校まで丹波の田舎の星空を見上げて育ちましたから、空というものが如何に美しいか、澄み切った夜空の天の川が金銀砂子~♪と満天の零れんばかりの何百億何千億というキラキラ輝く星々☆*^o^*☆・:*:・゜で溢れていること、手を伸ばせば届きそうなくらい、今にもこちらに向かって降り注いで来そうなくらい、涙がでそうなくらい嬉しい本当の夜空を知っていますから、東京にいながら、この空は偽物だって存じてます。

 

 この一年振り返りますと、今年も色んな方々にお世話になりました。表面でだけでなく陰でどれだけ多くの方に支えて戴いているか、時々泣けそうになるくらい嬉しい時があります。毎日のように喜んでいます。皆さん、ありがとう御座います!♪
 
 今年はゼニアの東京・丸の内店オープンに招かれて、ゼニア氏に会って、いい男でしたよ、スカッとしてね。10代の頃からファンでしたからね、嬉しかった! 食べるだけ食べて、飲むだけ飲んで、ショーを見せてもらって、ネクタイもらって、まだ一度も今年はお買い物に行けておりません。皆さん、ゼニアはいいですよ、関西の商人は銭や!ってあらわれが良いと縁起を担ぎます

 スーツとかイタリアものはやはり格好いいですね、織りが良い。エルメネジルド・ゼニアです。 http://www.zegna.com/ どうぞね、丸の内店でたくさんお買い物なさって下さい! お洒落はいいですよ、異性にもてますからね。女性がネクタイ買っちゃあダメですよ、主人縛り上げてはいけません。ネクタイは男が自分で選ぶ。これがプラス♪ Ermenegildo Zegna です。どうぞ、よろしく♪

 

 

平成19年12月30日

ゼフィランサス  竹内 康正

  

 
 
     
     

 



 
 
 
 
     
     

 



ごんぞうとジャスミン 実家の丹波・妙法寺の裏山  兵庫県丹波市 2008.5.7  竹内康正 Yasumasa Takeuchi


 
 
 
 

vol.206  2008.12.31

 

 

みんな生きてる奴は
表情がある

 All living creature have their full expression 

 

 

 376名の皆さま、こんにちは。お元気ですか?

 今年も最後ですね。今日(XmasEve)は、アルマーニビームス洒落たショーウィンドウ石畳の仲通り肩寄せ歩くカップル達、品のいいXmasリースやデコラティブな光の並木を眼下に、Lady Day のBGMが流れる丸の内カフェ2Fの窓辺でこれを書いています。周りのOLの方々は皆さん、年賀状でしょうか、懸命にペンを走らせていらっしゃいます。

 この一年、いかがお過ごしでしたか? 都心にいると第一線の叡智に触れる機会も多く、今年は年頭の六本木アカデミーヒルズのポリシー・ウォッチセミナーに始まり、総務省のICT政策研究会や内閣官房の地球温暖化問題に関する懇談会 中期目標検討委員会、日経BP社の東京国際環境会議などを傍聴、国際バイオEXPOなどを視察、政策の意思決定プロセスや各界の有識者の人となりに接し、今年も興味ある分野の見聞を広めて来ました。幕末、薩摩や長州が先端技術で日本を先導しましたが、現在の革新は、優れた経営者のもたらすイノベーションか、良質なネット上のコミュニティからでしょうね。ドラッカーのいう、静かな革命が確実に進んでいる、そんな印象です。

 「企業が前提としているものが、現実に合わなくなった。情報の急増、距離の消失、人口構造の変化、買い手への主導権のシフト、境界の消失。静かな革命のおかげで経営戦略の重要性が高まった。社会、市場、雇用の場のいずれもが、新しい種類の欲求をもつ、新しい種類の人たちによって占拠された。消費者がボス。今日どの顧客に会ったか、何を学んだか。明日のために、自分たちの文化の上に何を築くか。明日とは機会のことである。自らの強みに焦点を合わせ、強みでないことは他社に任せる」

          ピーター・ドラッカー

 

 
 
 

 

 

 

    これからの世で必要とされる商品や人材が選別

 

 今年は日本人のノーベル賞ラッシュでしたね。物理学賞の益川敏英氏の、南部陽一郎先生を慕っての涙にはグッと来られた方も多いのではないでしょうか。それが楽しいかどうか、求めてやるもの、これが素晴らしい成果を産みだすんでしょうね。以前、八島先生がアインシュタインの相対性理論を理解するのに、高校生の微分積分のテキストから始めて、大学ノートを30cm分の厚みまで計算式で埋め尽くした、と伺った事があります。物事の成果を上げるコツは、毎日たゆまずコツコツやること、とも仰っていました。

 今、世の中、分かれ目ですね。景気がいいのはJRの駅ナカやデパ地下、SHIBUYA109、ネット通販、キッザニア、JETROの「世界は今」くらいです。これから Change! 、新旧交代が激しさを増すでしょうね。東京の街は相変わらず変化が速い。ミシュランで星を獲得したばかりの名店が閉店する時代です。これからの世で必要とされる商材や人材が選別され、不要なものは消え去り、台頭すべく着々と力を蓄えてきたものが日の目を見る、そういう時期でしょうか。GoogleやWikipediaが世界の情報&知識を体系化する作業をしていますね、本物だけが篩に残り、2番手以下は淘汰される、これからはそういう時代でしょうね。

  

 「文化っていうのは、どこの国が、どの民族がやっても、いいものはいい。普遍性、いい文化は時代から生まれて、時代を超えて残る。素晴らしい文化は人類に幸福や色々な恩恵を与え続ける、太陽のようにずっと光り輝く。如何に文化を築くか。ローマは一日にしてならず。色んなシルクロードの大変栄えた遺跡の文化の跡を見てますと、栄えるべくして夥しい積み重ねで栄えて来る。滅びる時は、傾斜して滅びゆく積み重ねをしている。人生でも一つの文化でも一国の興亡でも。夥しい色んな因果関係の積み重ねで国が栄えたり、滅びていったり。人生もしかり。いいように積み重ねて、次の世代にいい状態で譲っていくことをやらなきゃいけない」

     平山郁夫

 

 
 
 

 

 

 

    アラジンやソロモン王の空飛ぶ絨毯の楽しみ

 

 あのトヨタが2兆円を上回る営業損益の悪化、凄まじいですね。いつ回復するんでしょうか? 回復はありますか? 人間、生きていくのに車は必要ないってことですかね。確かに僕なんか都心に住んでて、移動はロードレーサーで済ますので、車は必要ないですね。免許も持ってません。出張もJRのお世話になるくらいです。トヨタも太陽電池ハイブリッドカーや公共交通、自転車生産、農業機械にシフトしていった方が良いですね、時代の流れです。今、眼下を電飾サンタのソーラーベロタクシーが通って行きます。今度は運転手君がシルクハットに黒髭をつけてますね、何でしょう? 明治の文明開化でしょうか?

 東京は、首都圏人口3,500万人で世界第一位のメガシティということになっていますね。全員が車持つ必要ありませんね。海外出張なんか行く時、夕方、成田を発つとちょうど都心の真上を飛びますが、目を奪う美しい光景が眼下に広がります。オレンジ色の光の絨毯Google Earthで見たそのままの夜景、山手線や皇居、新宿御苑、明治神宮の森がくっきりと、新宿、渋谷、品川、汐留、有楽町etc.光の饗宴が毎日毎日、夜毎日毎繰り広げられている。A whole new world♪ アラジンやソロモン王になって空飛ぶ絨毯に乗っている気分です。温暖化対策をすると、この日本人が創りだした目映い光の芸術の傑作も半減しないといけない。

  今年の東京のXmasは火が消えたようですね、日比谷辺りでも、そもそもツリーが見当たりません。林立するビル群も窓明かりはいつもの半分以下くらいです。東京タワーも点、点、点・・・・、あんなの初めて見ました、アハ体験みたいです。90年代の表参道の煌々と輝く白熱電球の熱い、零れんばかりの電飾並木の、夥しい数の人の波のホワイトクリスマスを知っているだけに、丸の内仲通りのLED並木は体感的には1/5以下、なんかさみしいですね。見た瞬間に、オオォーッ!♪ ってのが無いですよ。恵比寿のバカラのシャンデリアや並木の光を見ても、こんなに電気代使ってていいのか? 東京都からCO2削減義務付けられてるのに、大丈夫か? って心配になります。それでいて、写真美術館の図書室がノートパソコンの電源を今年から使わせてくれなくなって、不便! 人間て勝手ですよね。

 

 
 
 

 

 

 

    世界人口は、この7年で5億5000万人の増加

 

 今年はゲリラ豪雨&突風で、恵比寿ガーデンプレイスのプラタナス並木が11本も薙ぎ倒されました。あの鈴懸の太い幹が根元から折れてるんですよ。8年間、恵比寿に住まいしますが、こんなの初めてです。その日は現場から歩いて1分の日仏会館にいたのに全く気がつかなかった。翌朝、ロードレーサーで走った時は、並木がいつもより少ないな~と。

 以前、父の著作「家族の源流 足立氏ものがたり」を上梓した際、中央公論社初のメルマガの製本化とのことでしたが、その第4集「仏教と日本人」のメールマガジン説明を、「62億の人々が水の惑星で生活しています。絶妙な地球の共生システムが、欲望中心の物質文明のため滅亡しそうになっており殺伐とした世相になりました。仏の叡知に生きた日本人の生き方に学びましょう」、としたのが2002年1月でした。2008年12月現在、世界の人口67億5000万人。この7年で5億5000万人の増加。新しい人類の仲間皆に、日本人と同じ豊かな生活をして頂くとすると、新たに日本列島が4個以上必要になる計算。

 家を建て、暖を取り、上下水道、道路網、公共交通の整備、エネルギー供給、服飾を調え、食料も日本人並みにしたら・・・・。これが今の世界の現実。これからますます激増し、2050年には95億人だそうです。どうするんですかね~、まだ僕、生きてる予定なんですけど・・・・、環境負荷が大き過ぎ。というよりも資源争奪戦が激化、水や食料をめぐる紛争や民族移動も避けられそうにありませんね。損得抜きで日本の高度な環境技術を全世界へ推し広めないと。

 以前、「世界の名言」 VOL.54 自然環境(2002.9.19)で取り上げた、「OECD世界環境白書 2020年の展望」の予測がほぼそのまま現実化して来てますね。今こうして貿易量が減り、経済活動が縮小傾向にあることが地球環境に優しい姿だともいえます。ワークシェアリングだけでなく、ルームシェアリング、食料シェアリング、お菓子シェアリング、お風呂シェアリングetc.・・・・・。どうするんですかね~、高度成長&バブル期の豊かさの身に付いた日本のお嬢様方は? 今の若者たちは、ちゃんとそれを先取りしているとも言えます。

 

 
 
 

 

 

 

    森の神、フンババを切り倒した末路

 

 今年の僕の光熱費が月平均1,322円、単身勤労者世帯の全国平均(6,864円 平成19年)の19%、約1/5です。年5~6回出張で不在の日もありますが、多い月で1,842円、ガスは無いので電気代のみです。以前は、月1万円くらい平気で使っていましたが、恵比寿に来てからここ8年、エアコンはなく、冬は重ね着、夏は扇風機も無く団扇だけ。さすがに真夏日が1週間も10日も続くとこたえますよ。熱帯夜が3日も続くと生命の危険を感じます。

 古代シュメールで、最高神エンリルが杉の森を守るために人間たちへの恐れとして派遣した森の守護神フンババを、ウルクの王ギルガメッシュが斧で切り殺し、広大な森の木々をユーフラテス河岸に運び、筏に組み、都市に持ち去って以来、メソポタミアからレバノン杉の森という森が姿を消しましたね。日本神話の素戔嗚尊(スサノオ)の子、五十猛神(イソタケル)は、筑紫から始めて大八州国(日本)中に多くの種類の樹木の種を播き育て、山を緑にし、その功績により、今も森の神として全国に溢れんばかりの緑と共にちゃんと鎮座しています。アングロサクソンは森林を伐採して来た民族で、植えることをして来なかった。だからイギリスは平原やヒースの荒地になってるんです。あれ全部、元々森林ですよ。

 ピューリタンが新天地求めてアメリカを建国した。理想は良かった。開拓開拓って、伐採するだけで日本人みたいに神社こしらえないから、土地が丸裸です。アーメンて言いながら森林破壊、バイソン激減。ハリウッド映画の、家電やエネルギーを湯水のように使う家庭生活が豊かとされた時代はもう終わりですよ、とっくの昔に。人の金で消費を続けてきた結末がこれです。あれ全部日本人の金ですよ。日本人が貸したお金で日本製品をたくさん買って消費していたんです。貸した金、返って来ますか?

 

 次回、日本で開催されるサミットは、会場を原宿の明治神宮の森の菖蒲田の茶室で開催すればいい。どうやって日本人がたった90年でこれだけの豊かな森を作りあげたか、説明し案内して回るんです、各国首脳とメディアに。そしたら全世界に知れ渡りますよ、森の民・日本人の英知と心の豊かさと民度の高さが。宗教がどうの、言ってる場合じゃないですよ。7年も待ってられないから、主な国際会議参加者や国賓・VIP・メディアを皆連れて行って森林教育したらいい。日本の森の72%は日本人の手で作ったものだと。

 そして、日本のゴルフ場の9割、総て森林・里山・農地に戻す。子供たちの王国や外国人の植林研修施設にして開放したっていい。あんな広いハゲ山でただ玉飛ばしてるより、子供たちの楽園にした方が遙かに文化的で生産的、情操教育にもってこいです、日本の将来が希望に満ちて来る(^^!♪ 動物園や水族館に追加して、里山園というカテゴリをつくればいい。現地の森林を破壊するだけの外国産木材輸入は即刻禁止、国内の間伐・林産整備で雇用を創出する。法律一本通したら出来ることです。

 

 「森がなくなると、文明が滅びる。畑作牧畜の民である漢民族は、4000年間、木を植えたことがありません。アングロサクソンは、300年間で自分たちが住んでいた地域の森を8割がた使い果たしてしまった」

                 安田喜憲

 

 「今のペースで伐採が進み、気候変動が続けば、20年以内にアマゾンの森林は60%まで減少し、森林の生態系は崩壊する。熱帯雨林に降る雨の半分は、同じ森林から蒸発した水だが、降雨量が減り、残る木々も枯れてしまう」

       ナショナル・ジオグラフィック 2008年

 

 
 
 

 

 

 

 

    1日走ったら50種類いた鳥たち、どこへ行った?

 

 ゴルフ場はあの芝生を維持するために除草剤を散布する。周りの生態系が皆狂う川でも田舎の川がそもそも農薬や肥料、外来生物でイカレてるんですよ。僕のふる里、兵庫県丹波市青垣町の佐治川(Google maps)でも、情けないほどに生物がいない。川が死んでしまってる。幼い頃に身近にいた、あの一緒に遊んだ仲間たちの姿がほとんど見られない。兵庫県なんかゴルフ場だらけで貴重な森林がズタズタです。Google Earth 見て下さい。だから自転車で1日走ったら50種類いた鳥がほとんど居なくなった。

 問題は今の子供たちが、自然てこんなもんだ、と思い込んでしまうことにあります。豊かな森を知らない、昆虫の多さ、鳥の多さ、川の生き物の豊かさ、里山の人と動物が一緒に暮らす民話の世界をじかに知らない。そこがスタートになると、そもそもの豊かさというもの、生態系の有り難さという目標が描けない、どこに行けばいいのか分からない、これが一番恐ろしい。

 僕たちは、子供の頃に里山で見た生物、ザリガニやメダカ、ナマズ、ドジョウ、ウナギ、ゲンゴロウ、ヤゴ、アメンボウ、タガメ、イシガメ、クサガメ、カゲロウ、ギンヤンマ、タニシ、シジミ、イモリ、ヤモリ、ミズスマシ、ミズカマキリ、カワウソ、アユ、フナ、コイ、サワガニ、イワナ、ヤマメ、カブトムシやオオクワガタ、女王アリ、アリ地獄、熊蜂、ミヤマカミキリ、トノサマバッタ、シロスジカミキリ、クツワムシ、コメツキムシ、カタツムリ、鬼蜘蛛、キリギリス、キアゲハ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ、蜜蜂、ヤマセミ、カワセミ、アカショウビン、カワガラス、ミサゴ、ワカサギ、シジュウカラ、キジバト、オナガ、ムクドリ、モズ、ツグミ、カシラダカ、ヤマドリ、キジ、アオバト、ミソサザイ、オオヨシキリ、フクロウ、コノハズク、オオルリ、駒鳥、キビタキ、コゲラ、鳶、鷲、イヌワシ、カモ、雁、メジロブンゴメジロ、文鳥、鶺鴒、ニワトリ、九官鳥、相思鳥、ホウオウジャク、テンニンチョウ、キンセイチョウ、コキンチョウ、ジュウシマツ、ブッポウソウ、ノジコ、アオジ、ヒワ、ホオジロ、ウソ、マシコ、ヤマガラ、ウグイス、モグラ、野兎、ムササビ、トカゲ、ニホンジカ、イタチ、タヌキ、イノシシ、ウリボウ、キツネ、鹿、牛、ダンジ、イタドリ、キイチゴ・・・・、仲間と野山を駆け回って捕まえたり、学校の行き帰りの土手で摘み取って食べたりした、そんな身近だった生き物や食べ物、いい声で鳴く鳥たちが、今、田舎に帰ってもほとんどいないから、回復しなければと危機感を持つけれど、最初から無いところで生まれ育ったら危機感の持ちようが無い、これが困るんです。

 

 枯れ枝や薪を集め新聞紙で火を起こし、ずっと火加減を気にしたもち米蒸籠の土間の釜戸、そこには火や食の神さんがいて塩やお神酒で清めたり、杵と臼で餅をつき、皆でつくった餡ころ餅、きな粉餅、鏡餅、ウラジロ取り、雑煮、ぼたもち、おはぎ、春の七草摘み、ひな祭りの梅の枝、桜餅、蓬餅、菫摘み、菖蒲の兜、柏餅、竹の子掘り、山椒摘み、野焼きの草のにおい落ち葉の焚き火の焼き芋のなんともいえないいい香りと待つ楽しみ、冬場のとんど焚き五右衛門風呂、火のにおい、パチパチと枯れ枝の燃え落ちる音と香り、糠漬け、沢庵、漬物加工場、新聞紙でくるんだ白菜、炭火七輪と団扇のサンマ焼きの香り、海産物の詰まった大きな柳行李を担いぎいつも親切にしてくれた行商の小母さん、近所の小母さんたちからもらった採れたての実のつまった茄子、胡瓜、トマト、苺、松茸、干し柿、ポンプの柄を上下し井戸水で冷やしたスイカ、何日もかけて作ったお節料理や、煮しめ、厚揚げ、お祖母ちゃんと摘んだ茶葉を筵に並べ天日で干したり、雨雲が来ると大急ぎで土間に取り込んだり、手が赤く痛くなるまで揉んだ茶葉、薄を採って来て三方に積み上げた月見団子薪ストーブの上の黒豆のコトコト煮える香り、小川から引いた水路の水溜めで洗う野菜や洗濯ものetc.・・・・ そんな姿が全部消えていってる

 丹波のあの野山は全部僕らのものだった春の蕗の薹の出る場所、レンゲやシロツメクサの花輪を作る場所、夏に泳ぐ川の縄張り、高学年の連中との駆け引き、深い危険な場所がどこにあるか、フナの釣れる場所、アユのいる瀬や岩場、クワガタはどこにいるか、強い大きな奴はどの木の幹の蜜に群がるか、朝採るか夜採るか、笹舟遊び草笛吹き、グミやイチジク、ザクロ、野イチゴ、枇杷のなる場所、食べごろの時期、冬はトタン屋根のデカいつららや氷の張る場所etc. 全部熟知していた。今日はあの柿を食べるぞ! と放課後駆けっこで帰ったのに、鳥たちに先を越されていたこと。納屋の古道具の蛾の繭、クマゼミの穴や羽化、カタカタ鳴るおもちゃで鶏舎のニワトリを追い回したこと、産み立ての卵の温かさ、これヒヨコになるのになあ、と思いながら食べる複雑な気持ちオオスズメバチの巣をつついて逃げ回ったこと、縞蛇とヒキガエルの真剣勝負、臭い肥溜めと天秤棒の堆肥撒き、親戚の叔父さんが虫籠いっぱいのカブトムシを採って来て呉れたこと・・・・。

 メジロ捕りの小父さんが飼い方、餌の調合、竹籠の置き場所まで教えてくれたのに、手抜きをした為に青大将に食われてしまったこと。鳥を飲み込んだ蛇の奴めの腹の膨らみの大きかったこと。僕の家がお寺で、参道が小学生のスキーに格好の坂道で、放課後皆が集まり、日が暮れるまで何回も何回も滑り倒したこと、皆が帰った後、父に叱られ、毎回僕一人で夕闇の中、山門の裸電球頼りに長いホースで水をかけ、石段に踏み固められた重い雪を取り除いたこと。休日の生コン工場の砂利置き場、いつもの石山、砂山でおもちゃのピストルで仮面ライダーごっこをしていて、珍しく警官に見つかり順番に手帳に名前と連絡先を申告させられ、その間中、彼の腰の本物のピストルに目が点になったこと、触ろうとして叱られたこと。昆虫や果実、分捕ったものを皆で分けることも覚えた・・・・。

 

 小学4年生の時だったっか、ソロバン塾の横の側溝で見つけたバカでかいオオサンショウウオをどうやって川へ戻すか、どこに連れて行ってやったらこいつは喜ぶんだろう? どうやって運ぶ? とか、子供心に一生懸命考えましたよ、皆で。洞窟探検して、闇の中の蝙蝠に恐ろしい思いをさせられたとか、友達の牧場で搾りたての温かい牛乳を飲んだり、背丈より高いコスモスの草むらに秘密基地をつくり、転げ回って遊んで、刀のような葉っぱで手を切って母に手当てしてもらったり、マキロンや赤チンはいつも必需品だった。漆に負けて痒くなったり、たわわに実る梅の木に登って青い梅を食べて死ぬ思いをしたり、拾ってきたばかりのたくさんの栗を蓋をした鉄鍋でパンッ!パンッ!母と一緒に煎ったり、ストーブの上の網で餅を焼いたり。田植えを終えた夜の水田のカジカのけたたましい恋歌の合唱、大量のゲンジボタルの乱舞、透き通った夜空の太い天の川と満天の星々宇宙がそのままそこに見えていた。カナカナカナカナ・・・・、ヒグラシの夏の終わりの曲、スズムシ、コオロギのエレジー、ちゃんと季節の生のBGM、命の詩、生活の音がそこにあった・・・・

 畑を耕しサヤエンドウを収穫、ヘンな形の大根が採れたり、町のスーパーの野菜より下手なのしか出来ない悔しさ、土の匂いのするトマトを皆で頂いたり、知らずに振り下ろした鍬で冬眠中の殿様ガエルを真っ二つにしてみたり、もぎ取ったばかりのトウモロコシを焼いて薄口醤油をつけて食べた瑞々しい美味さ、父とニジマスを釣ってその場で塩焼きにして食った熱さと美味さ楽しさ、境内にある妙見さんのお堂の縁の下に掘ったジャガイモ貯蔵庫、鶴嘴が上がらず、顔に張り付いた蜘蛛の巣とジョロウグモにびっくりしたこと、父と深い穴をいくつも掘り植えた八重桜の並木、紅葉、椿、竹トンボ作ったり、独楽を回したり、竹馬、木登り、竹鉄砲、ワリバシ鉄砲でカメムシを飛ばしたり、押し花のしおり、ドングリのコマ、ヤジロべイ、化石探し、木の枝ブランコ、ハンモック、野菜でつくった牛や馬ドクダミ乾し、羽子板、凧揚げ、缶蹴り、かくれんぼ、鬼ごっこ、四つ葉のクローバー探し、オニヤンマと仲良く遊んでて噛みつかれ、恐ろしく痛くて死ぬ思いで手をバタバタさせたら首が千切れて動かなくなってしまって、エエッ~ツ!? とか、アブラゼミに小便かけられたり、ナメクジを塩でペチャンコにしたり、スズメを捕まえる罠を仕掛けたり、学研のアリの巣キットに蟻を溢れさせたり・・・・。

 飼い犬たちと野山河原を駆け回り、疲れてワンコの背中で寝転んだ空の澄みきった青さと深さ、鼻に山葵を塗ってやったり、愛犬の死、子犬の出産、犬小屋の設計と大工道具との格闘。ツバメの巣作りや滑空で雨がくるなとか、母に頼まれ竹を切って作った蹲踞の鹿威し、完成させたプラモデルの宇宙戦艦ヤマトやマジンガーZの発進基地の砂場や岩場、水路の確保、沢ガニを乗せてやったり、超合金Zとカブトムシとの対決、アメリカザリガニとバルタン星人との決闘、イボガエルとのにらめっこ、アマガエルを乗せたプロペラゴム飛行機の発進、 真剣にビー玉で遊ぶ時の土の香り、セミの穴。ミミズに小便かけるとおちんちんが腫れ上がると聞かされて、試してみたくなって実行して、んなもん腫れ上がるもんですか、お祖母ちゃん、嘘言った! etc.・・・・、毎日毎日やることがいっぱいいっぱいあった。そういう事が自然自然に、仲間と逞しく生きていく力、自然や生き物を大切にする心、友情、愛情を育んでくれた

 

 

 
 
 

 

 

 

    豊かなあの時代を知っている者が皆いなくなったら

 

 子供たちがたくさんの動植物に囲まれ、豊かな緑の自然の中で生きる環境を回復するのは、あの古き良き時代をじかに体験して知っている大人達の責任ですよ。本物を知らないと、図鑑で覚えたって・・・・、実際に昆虫でも鳥でも動物でもトカゲでも、みんな生きてる奴は表情がある。いい顔してますよ、みんな、カッコいい!♪ 動物園の奴らはみんな死んだ顔してます、生きてる奴もたまにいますけど。コウノトリ米だって高く売れる時代です、やれば出来るはず! 当時を知ってる者が皆いなくなったらもう手遅れです。中国大陸の成金が欧米人の真似をして、クラブ片手に得意気にコースを回っているのを見ると、本当に西洋文明の愚かさを呪いたくなります、これ以上緑の地球を破壊するな!! 大切な森林を丸裸にしてしまって、怪しからんですよ!!

 ゴルフ場を開発する時の、あの豊かな森林の生態系をコースに変えるため、一切合切の木という木、草花という草花、蝶、カブトムシ、クワガタ、昆虫達、ミミズ、モグラ、フクロウ、鶯、鳥たちの巣という巣、クマやタヌキ、イノシシ、ウリボウ、リス、野ウサギ、野生動物たちのねぐらという塒を薙ぎ倒していくブルドーザーを想像してみて下さい・・・・。全世界のゴルフ場数 32,300箇所、日本は2,358箇所でアメリカに次いで世界第二位、去年より17箇所も増えてる。国内にプロ用の超一流コースが200箇所もあれば十分です。どこか勇気ある自治体の方、子供たちの王国、実行に移してみて下さい。よいお手本になります。

 

 今の東京の子供たちは、遊ぶ場所も限られ、ほんとに可哀想、こころが痛みます。昨日も、渋谷の家電量販店でゲームソフト探しに嬉しそうに夢中になってる小学生の女の子たちを見て、大丈夫か? ちゃんと野山に出て、自然の生き物相手に遊んでる? って尋ねてみたくなったほどです。リニア新幹線や貨物新幹線もよく考えたほうがいい、日本の人口がこれ以上増えない時代に、本当に自然を破壊するに見合うだけのメリットがあるのかどうか。プラスなら堂々と開発する、マイナスなら断固としてやめる。団塊の世代の方々も、みずからが持つ、少年時代に味わった、あの野山の豊かさを知っているという強みを、皆のため、子供たちの将来のため、森林を、里山を守るために活かして下さい! 生きているうちに。

 

 「イギリスでは、近代教育の為に子供から奪われつつある一つの美点を、日本の子供達はもっている、と私はいいたい。即ち、日本の子供達は、自然の子であり、彼らの年齢にふさわしい娯楽を十分に楽しみ、大人ぶることがない」

    ラザフォード・オールコック

 「自然がなくなったら人間の世界がなくなるんです。木も人間もみんな自然の分身ですがな。おたがい等しくつきあうていかなあきませんわ。それが、むやみに切ってしもて、もう使えるヒノキは日本にはありませんのや心から自然を尊ぶという人がありませんわな」

                     西岡常一

 

 
 
 

 

 

 

 

 

    陽の当たる産業製品すべてに太陽電池パネル設置

 

 これから自給率も否応なく上げざるを得ない。これから食料価格が世界中で高騰しますよ。奪い合いです。今、商社マン達が世界中奔走しても買い負け、手に入らなくなって来ている。商社だって利幅とりたいですよ、だから中国に作らして加工させている。もう限界ですよ、価格転嫁がじわじわと家計を圧迫して来る。

 これから新築のエコビルエコ住宅、工場、新車、バス、新幹線、駅舎など陽の当たる産業製品すべてに太陽電池パネル設置義務付け、とか法律一本通せば、大きく環境にも景気にも貢献します。緊急時だから8割国家が負担したっていい、意義ある投資です。そのうち世界中に輸出できる。マンションでもヒルトン小田原リゾート&スパみたいに大型温泉、図書館付きにすれば、各家庭で風呂に入ったり書籍購入(森林伐採)頻度も下がる。

 新聞なんて全部電子版でいいですよ。タイトルがあって、読みたい項目だけ深掘りできればそれで済むんです。月3,000円あったら、1年でモバイルパソコン1個買えますよ、それであらゆる情報が流れ込んで来る。今年僕が読んだ本は数千冊に及びますが、購入した本はブックオフで買ったドラッカーの「仕事の哲学 (ドラッカー名言集) 」と、Yahoo!オークションで落札した「八島義郎100歌選曲集」の2冊だけでした。以前は月4~5万円を書籍代に充て、本を住まわせるためだけに3~4部屋も用意していましたが、今は1部屋で十分足りています。学生の頃、ブリタニカ百科事典が欲しくて欲しくてしょうがなかったけれど、今は自分のノートパソコンが遙かに凌駕した情報&知識をもたらしてくれます。しかも外出先すべてが書斎になる。官庁でも国際機関の統計でもあらゆる最新情報がそこにあります。名を名乗らない個人の発言でも、ものによっては随分役に立ちます。僕らが小学生の頃、パルプ使用量が先進国・文化度の目安でしたが、今はそんなことはありません。

 

 GMでも、ドラッカーがいなくなってから経営がガタガタです。トヨタでも売れない車作って雇用カットするよりも、必ず売れる太陽電池作って売れば工場はフル回転するはずです。どうせ自動車の天板は夏場とか熱いんだからエネルギーを回収して電力生産&蓄電設備にしたほうがいい。半年や1年、世界中の太陽電池メーカーから全種類のパネルを購入したり買収して、本社や全世界の工場、販売店にペタペタ貼り付けたらいい、そして自分たちでカイゼンする、自前で作ったほうが効率いいですよ。ボディが全部太陽電池になったら、ソーラーハイブリッドカーの誕生です。新種の電池も次々出てきてる。小型風車付けたっていい、付けといたらどうせ風を切って発電するんだから、自転車でも車でも。バスとか電車とか、風の通り道いくらだってつくれますよ、屋根でも車体でも風車付きストローの束と太陽電池付けとけばいい。

 パソコンとかテレビとか太陽エネルギーで見れる時代ですよ、電卓には随分前から実用化されています。ケータイでもノートパソコンでも街灯でも車で充電できる。この機会に全産業で一気に投資して太陽電池生産を大幅に拡大、雇用を創出、研究開発費も集中的に投入して、あらゆる革新製品を日本中に普及させる。世界でも戦っていけますよ、優れた製品なら。競争を激しく促進して技術革新頻度を高めることです。どうせ太陽エネルギー比率、将来的に拡大するんだから、この機会に生産・販売・普及計画、20~30年分前倒ししたらいい。消費税率の上乗せ分くらいクリア出来るはずです。日本中の全家庭の屋根瓦、全部太陽電池にしたら、雇用も景気も環境対策もすべての面で成果が上がる。

 トヨタさん、自転車まるごと太陽電池で、ケータイやiPod、ノートパソコン、自転車から充電できる、そんな夢のような自転車つくって下さい! 足で漕いだエネルギーで風も切る。風力も使えるはずです。坂道を下るときの車輪の回転数はすごいものですよ。位置エネルギーも使える筈です。ハイブリッド自転車お願いします♪ 僕の生きてる間に!

 

 自転車でもソーラー自転車にしたら夜間点灯に電池は不要、メーカーも乾電池から太陽電池生産をシフトするだけで儲かる。家庭でもコンセントから充電するのではなく、庭やベランダに干しといたらいい、それで充電完了です。オフィスでも住宅でも南側の窓辺は夏場なんか強烈な日差しが差し込むのだから、携帯ソーラーパネルがあったら、それでパソコンや事務機器、家電の電力賄えますよ。そもそも外壁やベランダの柵を太陽電池にしたらいい。東京スカイツリーだって、鉄骨外壁全部太陽電池にしたらいい。お洒落な風車付けたっていい。世界中から見物客が押し寄せますよ。

 鹿島建設や大成建設、大林組、森ビルやトヨタ、みな優秀なんだから、都心にある高層ビルの外壁、皆太陽電池にして、ビル群の20~22階部分とかくりぬいて全部橋を渡し、吊り橋とかで連結して、新空中公共交通システム作ればいい。地下鉄より景色がいいから皆、観光客も押し寄せますよ。鉄腕アトムの未来ビル間交通システムです。単立で建ってるよりも連結してたら大地震にも強いですよ、イギリスのストーンヘンジのような、旭山動物園のゴマフアザラシのアクリルの通り道のような、あんな感じです。将来的には、地下鉄の路線図がそのまま超高層ビル群の高層階を結んでいる、ゆりかもめやモノレールよりは軽くて柔らかい、温かい、ディズニーのアトラクションのイッツ・ア・スモールワールドような、あんな感じです。 東京全体をテーマパークにしたらいい。霞が関の高層官庁街も虎ノ門、六本木、内幸町、日比谷、永田町、国会図書館まで、大手町、丸の内から銀座、汐留、浜松町、品川とか空中で繋げればいい外壁や動力は全部太陽電池、ついでに自転車道作って頂いたら有り難い。景色見るの大好きですからね、僕ら真っ先に駆け上がります!♪

 

 ヤマダ電機のLABI&生活館でも、頭打ちのゴルフ用品なんか売ってないで、ワンフロア全部これから驚異的に伸びる太陽電池&エコグッズ売り場にしたらいい。東京ビッグサイトのPV EXPO2009 第2回 国際太陽電池展のひな型の常設展示場&即売会場を作り、サイコロサイズから、20cm、50cm、1m、2m、4m、etc.ソーラーパネルサイズ&デザインの品揃えを充実させることです。ハート形にして1000円ぐらいから買えれば、女子高生だって携帯ストラップにつけてくれます。彼女達がOLになる頃にはベランダサイズ、主婦になる頃には目も肥えて、大型パネル買ってくれますよ。どこのご家庭でも布団を干すスペースくらいあります。デザインを洗練させることです。先日も太陽光を利用した携帯浄水器をBMW社のデザイナーが開発してます。

 本気でやる気だったら、新たにビル一棟、太陽電池&エコグッズ館をつくればいい。僕がヤマダ電機の社長だったら、全世界のメーカーに競わせて、太陽電池グッズを作らせます。セブンイレブンの新POSシステムを導入して、太陽電池コンビニを全国展開&全世界展開します。売れるものだけを品揃えして、そのデータをメーカーにフィードバックして、さらに改良品を世に出す。その積み重ねです。小中学生や主婦も参加できるエコグッズ・コンテスト会場併設して、産官学だけじゃなく、全世界のすべての人々の英知&アイデアを持ち寄ることです。メーカーと連携して製品化し、賞金&アイデア料&特許料にも配慮することです。文部科学省や環境省が主催して、全国小中学生の夏休みエコグッズ自由作品コンテストとか、仕組みさえ調えれば、これから幾らでも製品化可能な発明&ヒット商品が出てくる!♪ 女子高生がマイ発電所を持てる、そんな時代の到来です。日傘とか鞄、靴、全部ソーラー加工出来るんですよ、一日外歩いてきたら100円でも500円でも儲かる、そんなグッズです。工事現場のヘルメットや作業着、セーフティーコーン、高校野球観戦の日傘帽、スタジアム、ベンチのパネル加工、いくらだって出来ることありますよ!♪

 

 日本庭園の庭石だって陽が当たるんだから、まるごと上手に太陽電池にしたらいい、石の風情を出して。全国の神社仏閣の屋根瓦、全部太陽電池瓦、鳥居でも太陽電池鳥居。保育幼稚小中高校大学や図書館、公共施設の屋根と壁全部ソーラーパネルにしたらそのまま発電所になる。透明の屋根にしたら、昼間電気いりません。墓だってあんなの一日中陽が当たってるんだから、全部太陽電池墓にしたらいい。墓参りしたら先祖からお小遣いが貰えて、感謝ってことになる。叱られるかな?

 アパレルだって太陽発電繊維を開発すれば、ケータイやウォークマンとかホットカーラーのちょっとした電力が賄えます。コートや帽子なんかもう実用化出来ますよ。曲がる柔らかい軽いソーラーパネルあるんだから。色や模様がついたり、柔らかく曲がったら、太陽電池って分かりません。すだれとかよしずとかカーテン、暖簾だって陽のあたる場所は皆ソーラー加工出来る筈です。スターバックスでも外にあるテーブルや椅子、傘、パネル加工出来ますよ。

 公園のすべり台も、ジャングルジムも、ブランコも、花壇の囲いレンガも、植木鉢も、耐久&耐圧&耐水加工できれば街灯やトイレやちょっとした電力はそれで用が足ります。全国の道路面や中央分離帯、ガードレール、線路スペースetc.すべて太陽電池にすれば、かなりのエネルギーが回収可能です。日本人なんだから出来ないってことないですよ、やれば。新幹線の線路や高速道路の囲いとか、全部太陽電池化できるはずです。陽が当たってるんだから。トヨタさんも大忙し!♪

 

 
 
 

 

 

 

    洗練されたデザインコンセプト

 

 先日、友人のメリルリンチの副社長夫妻が日本を去る際、記念に八島先生のアルバム「心の華」をプレゼントしたら、譜面の美しい日本の風景写真を見て、“Oh, beautiful !! Thank you, this is our Japanese wonderful memory, and 1st Japanese songs for us !”と喜んでくれたのですが、その中の「池袋のあの日」の西武パルコの写真を見て、“Oh, I know this building ! This is my REIT (real estate investment trust), Thank you !!”と。 (-_-;ゞ........

 彼は会社のロゴそのままの恰幅の良い好漢でジョーク好き、「世界の名言」 VOL.43(2002.4.23)で取り上げた、「ライアーズ・ポーカー ウォール街は巨大な幼稚園 」は彼が薦めてくれた本で、父が中東美術の世界的権威、マイケル・ルイスは彼のプリンストン大学時代からの親友です。奥様はジェニファー・ロペス似のユダヤ系で、少女時代は香港の山育ち、家の中の森林をジャスミン(愛犬♀)と駆け回り、自分の部屋にグランドピアノが3台あったとか。今頃どうしているのか、いつも気になります。Xmasに、マドンナの絵本“The English Roses ”、と母にハロッズカシミアショールを贈って来てくれたけれど。

 今、目の前の並木にシルバーのレクサスが停まりました。格好いいですね、窓枠から天板まで、流れるように電飾が映えて、カッコいい! 昨年でしたか、雅叙園でレクサスのチーフ・デザイナーの方から洗練されたデザインコンセプトのレクチャーを伺いました。トヨタにしても、前期に過去最高の2兆2000億円超の利益を上げたばかりなのに、人の世はほんと一寸先は分からないですね。以前、レクサスの販売店から大量にクリスマス・アクセサリーのご注文を頂いたことがあります。スタッフの皆さん、元気にしてるかな、気になります。今回の件も他人事と思えないですよ。実際、僕の顧客ですから。たとえ僅かな金額でもね。皆さん、何とかこの危機を乗り切ってください。

 

 

 
 
 

 

    世の中の景気は女次第

 

 女性の皆さんは前髪をちゃんと上げていますか? 下りてる人はすぐに上げて下さいね♪運命が上向きますよ!! たまに上海なんかに出張すると、女性たちがイキイキとしていて、髪型もスカッとして、ニュースキャスターなんかでも皆前髪が上がって、ちゃんとおでこが出ています。スチュワーデスで前髪下りてる人いないでしょ? 人間、夢があって、希望があって、給料も上がって、いい彼が出来て、ちゃんと出るとこ出て、先行きが明るい時は、皆、自然に姿勢も良くなり、顔が明るくなり、活気があり、前髪が上がります。これが自然現象。前髪が下りてるか上がってるかで、その人の先行きが見通し暗いか明るいかが読めるんですよ。前髪が下りてる女性にいい男は付きません。いい女が生息している会社は男どもがやる気になるから会社の業績が上向くんです。世の中の景気なんてね、女性次第なんですよ、ほんとはね!♪

 以前、僕が勤めていた会社が、全世界の情報通信系企業の中で世界一になった時は、受付の女性たちも、フロアのOLたちも超いい子たちばかりでした。出張する時でも、準備万端調えてくれた。実際に皆美人でした、身も心も美しい女性ばかり。的確な仕事さばきと気配りで、いつも僕たちを助けてくれた! 彼女達の仕事上のミスや粗相、不手際は、僕が勤めている間、とうとう誰一人ただの1度も見たことがありませんでした。梁山泊に集った戦国武将のような男達を裏でちゃんと支えていた。男の表に立って、差し出がましい振る舞いをする女性はただの一人もいなかった。みんなちゃんと心得ていて、男たちの手足となって動いてましたよ。業績が世界一にならないと嘘だ、という条件がそこには揃っていました。活力、人の和、お互いの信頼、先進性、だから世界一になった

 顧客に、どこに投資したらいいか、って聞かれたら、いつも、「本社の受付に行って恋。いい女がいて気持がグラッときたら買いだ!! 必ず後ろには有望株がいるゾッ!! しおれたら売りだ!」、ってアドバイスします。しょうもない会社だと思ったら、いい女はすぐに脱出しますからね、これほど確かなことはありません。それで投資に失敗したら、「君、見る眼ある?」、って問い質します。どうしたらいいか、って聞かれたら、「出来るだけ若くて楽しい奇麗な彼女をたくさんこしらえること!」、って言います、ほんとですよね♪

 

 あと、VOL.79 アクセサリー (2003.9.30)でご紹介した、「女性が美しくなる2つの条件」、ちゃんと実行していますか? 僕の周りにいる女性たちは皆会うたびに美しくなっていきます。こちらに眉カットやメイクの心得があるからだけじゃございません。日々の暮らしに張りがあり、教養や知識も身に着け、ロードレーサーで毎朝鍛えるから体がしなやかでハリがあり、腰から伸ばして姿勢がいいから新陳代謝が活発になり、血行が良く老廃物の廃棄が活発で便通もよくなるから肌がキレイになり、気分的に余裕ができ暮らしにうるおいがあるから肌も瑞々しく潤い、人様への心遣いや思いやりが細やかになるから自然と肌の肌理も細やかに、父母や周りの人を大切にする美しい女性に成長していかれます。女性の力は大きいんですよ、子供と主人をやる気にして育てるのは女性の役割ですから。子供たちや主人が社会に出て活躍出来るかどうかは女性次第です。

 

  今朝(大晦日)も半袖一枚&半パンツで、恵比寿から旧山手通り、渋谷、表参道、原宿、青山、広尾と自転車でぶっとばして来ました。道玄坂を下る時、1羽の可愛いセキレイが先導してくれました! 速っ!! ちなみに、今年の僕の走行距離は3,094km、一日平均8.5km、最高時速は53.4km/hでした。これまでの最高時速は、23歳の夏に大阪の千里丘陵でマークした75km/hです(^_^)v

 新しい年も一年、気合いを込めて大きく成長&脱皮しましょう! 気魄が必要ですよ。あとは英知と。会員の皆さまには日頃なにかとお世話になり、盆暮れにもお気遣い下さり、誠に有り難うございます。喜んでおります♪ いつも腹の底からの笑いが絶えませんね!
またどうぞ一緒に成果を上げて参りましょう。

 

 
 
 

 

平成20年12月31日

ゼフィランサス  竹内 康正

  

 

 
 
 

 



     
     
     
 
 
 
 
 
       
     
       


 

Λ

 
令和元年 秋季セミナー 2019
「幸せの生き方」

大阪 梅田 受付中!!

自然  人体  幸せ  知識
八島ノート  竹内正道著作集
世界の名言  幸せのプロフェッショナル
Twitter  Twilog  Instagram
YouTube  LinkedIn
 ヤフオク!
メルカリ
ご挨拶
竹内康正
©2019 Yasumasa Takeuchi